ホーム

ごあいさつ

 

2001年1月4日に開院し今年で18年目になりました。

私は日本医科大学卒業後、附属病院(文京区千駄木)入局、海老名総合病院、大宮中央病院などを経て、15年余勤務医を務めた後、さいたま市の宮原町に、耳鼻咽喉科医院を開院しました。

大学病院医局時代には、アレルギーの権威、奥田稔元教授や神経耳科学の第一人者 八木聰明 元教授(元日本耳鼻咽喉科学会理事長)、頭頸部外科エキスパート先生方の所属する医局で多くを学ぶことができました。
皆さんに誇れるような業績はあまりありませんが、臨床一筋30年余こつこつやってきました。
今でも患者さんを治す医療が何よりも優先されるという医局の基本姿勢が、現在も診療のベースになっていると思います。

開業以来、副鼻腔炎やアレルギー、中耳炎などの患者様はもちろん、めまい及び難聴、耳鳴、頭痛、肩こりを伴う方、咽の違和感、長引く咳、睡眠時無呼吸症など、その他にもさまざまな症状のたくさんの患者さんに受診していただきました。
患者さんにより近い位置で、より密に接することができる診療所のシステムでは、大病院での何週間に1度の外来受診では治らなかった人でも治癒に導けることが分かりました。
開業してみて病院時代には気づかなかったことや新しい発見が今でもあります。
一番大切なことは治して初めて治療と言える、と思っています。

今までは口コミや紹介で受診される患者さんが多かったので良い医療をしていればホームページなど必要ないと思っていました。しかし、最近は「ホームページのないところなんて」となってしまいます。気づけばネット社会、現代社会において必要不可欠なツールとなりました。 遅ればせながら、ホームページをはじめました。

今後は病気の説明や治療方針、薬に対する考え方なども追加する予定です。
さらに地域により根ざした、治す医療を提供するため頑張っていきます。
最後に、より良い医療環境をご提供するために、スタッフ募集中です。
詳しくは「スタッフ採用について」をご覧ください。応募をお待ちしています。

 

耳鼻咽喉科かわた医院

院長 川田一哉

 

診療予約

サービス

アクセス

マップ

採用

情報

院長の

ごあいさつ

当院の

ご案内

初診の

方へ